アパート
民家
不動産業様イメージ画像

不動産業界の皆様

優良な解体業者をご存知ですか?

​現在、提携中の業者で満足してますか?

提携会社の依頼料金は高くありませんか?

内装解体工事の金額には、相場(一定のライン)があります。

できる限り費用を抑えたくなりますが、相場があるため、極端に安い場合も、高い場合にも

そこに過不足が生じるケースが多いです。

安い場合は、

作業が雑、仕上がりイメージと違う、廃棄物の不法投棄、近隣への必要な配慮不足などが見られます。

高い場合には、

必要以上の経費が見積書に組み込まれていたり、見積もり段階でわかるはずの内容を追徴してきたりなどが見られます。

SavinGでは多くの実績・経験をもとに、施工開始前に念入りに、現地調査を行い、見積もりを提示させていただきます。事前に疎通を図りますので、双方が工事内容を合意し作業に入ります。

 

このため、料金の【見える化】を意識しておりますので、お客様には安心の価格で提供しております。

約束の工期より遅れていませんか?

4b30b939f67a9655f53bd9b7cf693db0.png

約束の工期は、現地調査後の見積もり作成の段階で、お客様より頂いた情報を元に決めています。

工期が遅れてしまう業者は、現地調査時点で綿密に情報・状況把握をしていなかったりするケースや自社内でのトラブル(人数減)などが多いです。

SavinGではお客様と密に連携を行わせていただき、いただいた情報をもとに現地調査の際にエキスパート担当者も確認し、現場の特徴、近隣環境(作業可能な時間帯)、自社従業員配置なども正確に把握し工期を決めています。※不可抗力(天変地異)などの予想もできないケースは除く。

claimer_ojisan.png

近隣への配慮が足りず

クレームになっていませんか?

解体工事でのトラブルで、ダントツに多いのがやはり近隣トラブルです。

工事前に、工事挨拶に来たものの、その後すれ違いざまの応対・態度が良くない、休憩中(特に喫煙マナー)などの態度・配慮が悪いと周辺住民の方々のフラストレーションは蓄積されていき、騒音・振動にも過度に反応されてしまうケースが多いです。

解体作業の場合には、どれだけ最小限の音に抑えようと注意していても、ハツリなどの場合には騒音や振動など工事にはつきものです。このためSavinGでは事前に近隣への挨拶するだけでなく、現地の特徴などを事前に把握し、工事開始後も近隣の方への挨拶などを欠かさずに近隣の方々にも好まれる業者になれるよう、工事に取り掛かることで、できる限りのリスクヘッジを考え作業しております。

 

依頼通りの仕上がりになっていますか?

1255539.png

SavinGを検討されるお客様より、現業者への不満として以下のような声を耳にします。

・仕上がりが打ち合わせと違う。

・見積もり通りになっていない。

・解体後の掃除をしない。

 

依頼金額に関わらず、工事の仕上がりが打合わせ時と相違する事はプロとして失格です。

 

まずは「依頼を忠実に遂行」する。

これはプロとして絶対条件です。

 

SavinGでは、万が一想定外の事態などがあって依頼通りにいかないなどのイレギュラーな事象があった場合には、その都度依頼主様へ迅速に確認を行い、双方が合意のうえで進行します。

この部分が欠落してると工事完了後のトラブルに繋がるケースが多いです。

問い合わせからお見積もりまで、

スムーズですか?

2392362.png

解体業者に関わらず以下のような意見は、よく耳にします。

・問い合わせをしたのに一向に連絡がない。

・営業されたにも関わらず、その後の連絡がなくて進捗がわからない。

・ホームページには、24時間対応と記載があるのにも関わらず一切連絡が来ない。
 

やはり依頼する側としては、依頼するか否かの判断基準になります。

迅速かつ的確な進捗連絡や回答がとても重要と考えております。

 

SavinGでは、お客様のご予定・都合を最優先し、最短でお見積もりまでの

対応や質問の回答を行うように心がけております。

顧客満足度が高いからこそのリピート率

2388419.png

不満が多い業者は、一回限りのご依頼で終わってします。

これは依頼主側も解体業者側にとっても、いいことではありません。

SavinGでは、「選んでよかった」「ありがとう」「また頼みたい」と感じてもらえる業者として、【当たり前の事は当たり前に】をモットーに志しています。

 

依頼主様への対応はもちろん、近隣への方々への配慮や、工事の正確さ、工事完了後の掃除なども含め、必要以上にではなく当たり前の部分を大事に行うことで、利用者の方々に満足いただいております。

​このため、競合他社に比べてリピート率が高いのが特徴です!!

 
1841690.png
138851.png

SavinGってどんなサービス?

東京都を中心に一都三県をメインに工事を施工しております。

スタッフは様々な現場での経験を積んだ30名在籍しております。

SavinGではビル、マンション、店舗、オフィスなど内装解体に関わる工事、スケルトン工事や

部分解体工事等の原状回復工事に対応しております。 

また、木造、鉄骨、RCなど建屋解体などにも対応しております。 

解体後に産業廃棄物収集運搬業も行っております。 

案件ごとに経験豊富なスタッフがヒヤリングし最適な施工方法をご提案いたします。

施工時は建物構造の安全性や近隣への配慮に心がけて、慎重に、かつスピーディーに作業いたします。 

また、建設リサイクル法に基づいて分別解体を行い、適切な方法で廃材処分を行っております。 

今までに相当数の全解体、内装解体の施工経験がございます。

施工には自信がございますので是非一度お見積もり・ご相談お待ちしております。

実績はあるの?

1044059.png
 

大手ゼネコン依頼による建屋全解体から、内装解体や部分解体、

カーポートや擁壁などの解体を施工しております。

大手FCチェーン店の改修工事、外構改修工事など完全自社施工の

元請け工事にて施工をさせて頂いております。

改修工事に関しては、店舗、オフィス、駅工事、大型商業施設、

アミューズメント施設などの内装を施工しております。

(補修に伴う工事も対応)

 

【実績飲食店】

株式会社サッポロライオン様

株式会社江戸一様

俺の株式会社様

株式会社アスラポート様

株式会社安楽亭様

株式会社串カツ田中ホールディングス様

株式会社吉野家様

株式会社ペッパーフードサービス様

キリンシティー株式会社様

株式会社モンテローザ様

株式会社エー・ピーホールディングス様

ロイヤル商事株式会社様※順不同

工事トラブルにならないために

 

各種工事の中でも、解体工事は「トラブルの発生しやすい」工事です。

以下のデータは、解体工事で発生事例の多い「クレーム・トラブル」内訳のデータです。

内訳の1〜3位は、近隣・周辺からのクレーム・トラブルとなっております。

施工会社へのクレームだけでなく、施主様にも影響しますので、最適な業者の選定はとても重要です。

クレーム内訳グラフ→クレーム内訳グラフ
クレーム内訳(詳細)

具体的にどのような作業ができるか?

 

木造解体

1575016.png

1.手こわし工法 :文字通り、簡単な道具(バール等)を使って手作業で解体をします。

2.機械解体工法:油圧ショベルの先端に、木造解体用アッタチメント(はさみ機)を

取り付けて解体を行います。木造解体では、最もスタンダードな工法です。

鉄骨解体

1.ガス切断工法:新築時の逆の手順でそれぞれの部材ごとにガス溶断器を使用して、

クレーン等で吊り降ろして解体していく工法です。 

※「活かし取り移築」とは異なり部材を再利用できるように解体するものではありません。

2.鉄骨切断カッター工法:油圧ショベルの先端に、鉄骨切断用アッタチメント(鉄骨切断カッター機)を取り付けて解体を行います。

RC・SRC解体

1.圧砕工法:油圧で作動する爪形の刃先で鉄筋コンクリートを噛み砕くアッタチメント(圧砕機)を油圧ショベルの先端に取り付け解体を行います。

2.大型ブレーカ工法:油圧ショベルの先端に、アッタチメント(油圧大型ブレーカ)を取り付けて解体を行います。

※圧砕機で噛み込めない大断面の部材やSRC等では、大型ブレーカを使用しないと解体出来ないものがある。

3.ハンドブレーカ工法:コンプレッサーから圧縮空気をエアホースでハンドブレーカに送り、はつり工が解体を行う工法です。

4.転倒工法:1階分の柱を2~3本含めて、壁を縁切りした転倒部材の柱脚部を縁切りし、転倒軸回りの転倒モーメント(物体を転倒させようとする力)を利用して解体をするものである。

外構の解体

まず、重機の搬入や足場・養生の設置をするため、カーポートや樹木、ブロック塀など外回りの解体・撤去を行います。

足場・養生の設置

騒音や粉じんによる近隣へのご迷惑を軽減するため足場・養生を設置します。

整地

解体工事で掘り起こされた土地を平らに整備して引き渡しをいたします。

屋根・内装の解体

断熱材、建具、畳、サッシ、瓦、内部造作、石膏ボードなど屋根と建物内部で解体が出来る全て物を手作業で解体します。建設リサイクル法により分別が義務付けられているため、とても重要な作業になります。

建物本体の解体

壁、梁、柱などの主要構造物を解体します。粉塵が舞わないよう散水をして解体工事を行います。

重機を使用し、解体する事が一般的ですが、立地条件により手作業での解体工事を行う場合があります。

建物基礎の解体

建物基礎を解体します。

近年の建物であればコンクリートと鉄筋を使用し強度を高めている事が多いため、騒音・振動が大きくなります。

その後、分別し、建物解体で出た産業廃棄物の運搬を行います。

産業廃棄物収集運搬許可を所有している工事会社しか運搬は出来ません。

建物の解体工事が完了したら、地中にコンクリートガラやお皿などが埋まっていない事を確認します。

地中埋設物は土地を掘り起こしてからでないと有無や量の確認が出来ないため、追加費用となります。

料金目安

 
スクリーンショット 2021-04-22 16.46.19.png

工事日数目安

 

解体工事でかかる日数は建物次第です。

解体業者の選定のために解体業者比較をし、着工までに以下の流れで10日〜20日かかります。

お問い合わせ→打ち合わせ→現地調査→

お見積もり回答→契約→各種手続き→

近隣挨拶→着工という流れになります。

工事完了までは、1ヶ月〜2か月が最低期間とお考えください。

433097.png

一般的な家屋解体工事の場合

・木造二階建ての家屋(延床面積約30坪前後):7日〜10日

・平屋建て物件など(15坪程度):4日~7日

・小屋、倉庫など(簡易的な建物):2日~3日

・一般的な木造家屋(延床面積が80坪程度):4日〜20日

building_illust_1617.png

ビルやマンションなど

大型物件の解体工事の場合

・鉄骨造延(床面積約50~100坪):10~30日

・鉄筋コンクリート造(床面積約50~100坪):15日~45日

・鉄骨鉄筋コンクリート造(床面積約50~100坪):30日~80日

 

気になる工事手順

解体工事が決まった場合には、工事開始後にトラブルが発生しないように、

工事開始前に準備を行っていく必要があります。

外構解体・内装解体の工事前に必要な作業を以下に解説します。

スクリーンショット 2021-02-25 14.56.35.png
スクリーンショット 2021-02-25 14.57.01.png

外装解体工事の流れ

建設設備や内装解体、屋根材を取り外したらいよいよ外装の解体工事に入ります。

外装解体工事には基本的に重機を用いて建物を取り壊していきます。

また、重機の搬入ができない場合は、外装材も手作業で解体工事が可能です。

ですが、手作業のため作業期間が長引く事も予想されます。

まず初めに、水撒きを行うことが肝心となります。重機を使用して壊していきますので、かなりの粉塵が発生します。

養生シートを使用していても、隙間から粉塵が近隣へ散ってしまいクレームのもとになる恐れがあるため、

水撒きが必須となります。